the hakata rock & photo magazine BEATMAKS #7
ZELDA - LIVE IN KID -
「いま3枚目のアルバムのために、毎日リハーサル中です」
チホが言うと、客席の歓声はひときわ大きくなった。
From HAKATA with Love & Peace since 1981
◆じゃアルバム・タイトルやプロデューサーもまだ?
チホ=プロデューサーは、ほぼ決定……?
高橋サヨコ at KID (JUN85)サヨコ=白井良明さんです。2枚目と同じく。2枚目は割と凝った仕上がりだったから、逆にビートが奥にひっこんだところもあったのね。だから良明さんと相談してビートをもっと前面に押しだそうということで。
チホ=ライブバンドのエモーションを出そうと。
サヨコ=みなさんそう思わないかも知れませんけど(笑)わたしたちロックバンドだって自分たちでは思ってるんで。その感じを。
アコ=だからといってまるで一発録り、みたいなんじゃなくて、ライブの時のエモーショナルな雰囲気をレコードにしたい。2枚目にはそれが欠けていて部分があったから。
チホ=だってみんな「ライブとレコードと違うね」って言いますもんね。

ZELDA at KID (JUN85)◆ところで「招き猫」のほうの活動は?
Capt.Hard Rock=俺、レコード買ったよ!買いましたよ!!(笑)
チホ=ありがとうございます!まあ、あれはゼルダを離れて暇な時に趣味的にやってるもんだから、絶対続けなくちゃとかやめなくちゃとかいうのはないですね。気楽なもんで。

◆招き猫とゼルダとの関係というと?
チホ=ゼルダっていうのはマジメなバンドで笑われちゃいけないバンドなんですよ。
サヨコ=ゼルダのステージだと人に乱入されると困るんだけど、招き猫の場合だと「だれかこれ叩きませんか〜?」なんてお客さんも参加しちゃうという、割と大道芸に近い部分がありますね。
チホ=だからそういうところじゃ、自分の出し方ってのは全く逆。とにかくリラックスしきって、みんなに迷惑かけない程度に(笑)。
Capt.Hard Rock=アコちゃんは普段何やってんの?サヨコちゃんとフキちゃんは5号の対談の時聞いたけど。チホちゃんは子育てに専念でしょ(笑)。
チホ=写真持ってくればよかった(笑)。
アコ=以前は一人でテープ作ってましたね。そういうの好きなんです、暗いけど(笑)。友達のところに行ってシモンズ(エレクトロニクス・ドラム)叩かしてもらったり。でも最近はゼルダのほうが忙しくて、あんまりできませんね。

高橋サヨコ at KID (JUN85)◆では最後に博多のファンにメッセージを。
アコ=また今度来る時、観に来て下さい。頑張ります。
チホ=わたしは……まだ会ったことないけど義理のおじいちゃんとおばあちゃんが博多にいるんです。だからねえ、第2の故郷だと思ってるんですよ(笑)。
サヨコ=わたしは個人的に博多がすごく好きだから。アクシデンツのレコーディングに参加して以来……でもないかな?博多弁がうつっちゃって(笑)。博多、好きです。胸がときめきます、この街に来ると。
フキ=体調整えてまた来ますから、一緒にコンサートしましょう。
アコ=あ、わたしも!この前も九州来る時体壊しちゃったから。今度はベスト・コンディションで来ます。



ゼルダは6月24日からレコーディング。順調に進めば10月初旬ニュー・アルバム発表ということだ。いや〜楽しみですねェ。 ところで4人は「火祭りが見たい」ということだったんだけど、結局見られたんだろうか?








本掲載記事内容及び掲載写真の著作権は別記が無い限り全てビートマックスに帰属しています。
無許可ダウンロード等による本文や写真の複写転載及び二次利用は固くお断りいたします。
<原本発行 1985年6月20日/復刻初版 1998年9月10日/改訂三版 2004年3月31日>
http://www.beatmaks.com/magazine


the hakata rock & photo magazine BEATMAKS #7



copyright (C)1985 & 2004 Hakata BEATMAKS Studio