the hakata rock & photo magazine BEATMAKS #25
EASY COME EASY GO
ニューアルバム録音中のモッズにインタビュー
From HAKATA with Love & Peace since 1981
北里晃一

 冷静に考えてみれば博多でレコーディングするメリットなんか無いよね。最近海外で録音するのが流行しているけどあれは百姓のする事。でも博多に帰って来て録音するのはドン百姓のする事たい。(笑)
MODS recorded at Heacon (JUL1,1988) 別に反骨精神どうのこうの問題じゃなくて自分達が楽しみたいだけよ。要するにこっちは友達も多いし、酒もうまいし、メシもうまいからレコーディングしてもうまくいくんじゃないか、というだけの話。やりたい様にやれるし、友達呼んできたらちゃんとうまい具合に歌ってくれるし、ギターを弾いてくれるもん。博多は俺達みたいなロックンロールやってるミュージシャンの宝庫だから。みんなそれぞれいろんな引き出しを持っている。そこを開けたら一杯オイシイものが出て来る訳よ。東京じゃ誰もそんな引き出し持ってないよ。だからこっちでやるのは凄くやり易いね。いろいろ 手伝って貰えるから。音楽以外の環境も良いしね。
 大体録音なんて自分達が一番リラックス出来る雰囲気の中でやらなきゃいけないと思うよ。そうでないと良いものは出来ない。そういった意味では今回のレコーディングは大成功だったと思う。
 今まで気づかなかったのが不思議だけどそういうのもやりながら解っていくものだし、最初からそれに頼ったら駄目だと思う。ここらで一発、それが今回の録音の意味やね。


梶浦雅裕

MODS recorded at Heacon (JUL1,1988) リズム録りが正味3日で終わったから今回凄く好調だったね。東京でやってたらこうはいかなかっただろう。初めの一日なんか音作りに専念できたから時間的な余裕が全然違うよ。やっぱり東京のスタジオで時間に追われてやるのと比べると全然リラックスできる。こういう感じで仲間と一緒にギター弾きながら歌ったりしながらのんびり録音できるのは良いよね。博多で録音するのはデビュー前に「狂い咲きサンダーロード」のサントラを録音して以来だけどあの時はとにかく時間が無くて一日で20曲位録音したからそんな暇はなかったもんね。
 バンコックについては初めて来た時から気に入っていたし、今回も行って良かったと思うけど俺はバンコックがどうのこうの言うより、みんなで好きな時に音出せるし、一緒にいろんな話をする時間を持てたし、そっちの方が重要だった。だから別にバンコックでなくても良いんだけど、そういうラフな時間が一杯取れる所が良いね。のんびりしているし、日本なんかと時間の流れが違うし、日本に居たら雑用も多いし、そういう意味での開放感はあるね。気候も良いし、遊びながらなんかロックンロールやね、という感じもあるよ。その辺日本に居たらなかなか解らないかもしれないけど。
 これは博多だから出来るかもしれないけれど、とにかくのんびりやるという事が大事だよ。時間が無いとか、とにかくやってしまおう、というんじゃなくて気分がのった時にバッと録音して、「これで良いんじゃない」というノリが大事だと思うね。
 俺はのびのびドラムを叩いただけで後はどう仕上がるか自分でも楽しみやね。









本掲載記事内容及び掲載写真の著作権は別記が無い限り全てビートマックスに帰属しています。
無許可ダウンロード等による本文や写真の複写転載及び二次利用は固くお断りいたします。
<原本発行 1988年9月20日/復刻初版 1999年1月4日/改訂三版 2004年4月22日>
http://www.beatmaks.com/magazine/


the hakata rock & photo magazine BEATMAKS #25



copyright (C)1988 & 2004 Hakata BEATMAKS Studio