the hakata rock & photo magazine BEATMAKS #28
X - live report & interview -
APRIL 29,1989 at 福岡都久志会館!
From HAKATA with Love & Peace since 1981
KISS

ヨシキ=小学6年X at 福岡都久志会館 (89.04.29)生の時にキッスを見に行ったのがバンドを始めるきっかけ。それまでクラシック・ピアノを習っていたんだけど、それからはロックにも興味を持つようになったから。何故ドラムを始めたかと聞かれたら自分でもよく解らないね。キッスのドラムがカッコ良かったというのもあるし、結構過激な所があるんで、それを発散する為に親も勧めたみたい。同じ時期にギターもやってたんだけど、すぐ弦が切れてしまって面倒臭くなって壊しちゃう。その点ドラムってなかなか壊れないでしょう。


どうしてあそこまで早さを追求するのか?

ヨシキ=別にスピードに拘っている訳じゃないけれど、切羽詰まった時の感情を表現しようとしたら、遅いスピードよりも早いスピードの方が刺激的だから。この自分の感情を表現しようとしたらこのスピードが必要だったというだけ。それと俺はハード・コアが好きでよく見に行っていたからその影響もあるかもしれない。パンクに関して言うとあれは精神的な物だから音楽的なジャンルではないと思う。もちろんそういう意味で影響受けたし、刺激的だったし、今でも友達は多いよ


ハード・コアとクラシックの接点?

ヨシキ=どんなジャンルでも良い物は良いというか、刺激さえあれば良いという感じ。俺はオール・ジャンルだから良い物は何でも聴くよ。何でも受け入れる態勢にあるから。極端に言えば歌謡曲のアルバムの曲でも良いなあ、と思う事もあるし。


作曲

X at 福岡都久志会館 (89.04.29)ヨシキ=曲を作る時は刺激的なもの、感動出来るものを作ろうと思っている。自分が感動出来ないものに他人が感動するとは思えないから。しかし自分がこういうテクニックを持っているからこういうアレンジにしようとかは考えない。だから最後にアレンジするのがドラムになる。ただ、考えて考えてアレンジしても駄目な時はあるから、ノリというかフィーリングは忘れないようにしている。とにかく俺は心の中から出て来るものを音に表してきただけだから、その中にはジャンルの壁なんか無かったという事。だからそれを新しいと捉えても良いし、既に今までにあった物と捉えても構わない。その辺は意識していないから。


BLUE BLAD

ヨシキ=あの時点でやりたい事は全部やったんだけど、今度はどうなるか解らないね。
トシ=あの時はこういうのも面白いんじゃない?という事は全部やりました。その辺は凄く自然にやっているから。だから次はネタがなくなるんじゃないか?という事はまったく考えてないです。この5人でやってれば絶対何かが出て来ちゃうと思う。
ヨシキ=次は今度のアルバムよりもっとマニアックになるかもしれないし、逆に幅を広げたものになるかもしれない。










本掲載記事内容及び掲載写真の著作権は別記が無い限り全てビートマックスに帰属しています。
無許可ダウンロード等による本文や写真の複写転載及び二次利用は固くお断りいたします。
<原本発行 1989年6月20日/復刻初版 1998年8月29日/改訂三版 2004年3月30日>
http://www.beatmaks.com/magazine


the hakata rock & photo magazine BEATMAKS #28



copyright (C)1984 & 2004 Hakata BEATMAKS Studio